久世駒形稚児社参

  • 2018.07.13 Friday
  • 22:39

 

13日は、祇園祭の宵々々山。山鉾町の中心地室町・新町通の着物屋さんが大バーゲン。

それが主目的やけれど、今日八坂神社に社参拝する、久世駒形稚児も見に行きました。

でもね、デジカメを忘れてスマホ撮り。勝手が違ってブレまくり><+

 

さて。久世駒形稚児ですが、超簡単に言えば八坂神社の祭神=素戔嗚尊その方。

 

久世駒形稚児は、南区久世町綾戸にある綾戸国中神社の氏子から2名選ばれます。

綾戸国中神社のご神体は、駒形(馬の顔の彫り物)で、素戔嗚尊の愛馬天幸駒を形どったもの。

凡その神様は、和御霊(にぎみたま)と荒御魂(あらみたま)の両御霊で一神となるのですが、

八坂神社の和御玉国中神社の荒御魂=二神社の神は一体にして二神、二神にして一体となり、

八坂神社の神事を行うのです。

久世駒形稚児は駒形を胸に下げつつ、騎乗で社参するのですが、

ご神体を奉持しているので神の化身、神そのものを見なされ、

長刀鉾稚児(神の御使え)や天皇でさえも下馬社参なのに、

久世駒形稚児のみ騎乗のまま、昇殿できるのです。

 

 

今年のお稚児さんは、左=配島颯太君(8才)と右=井口祐有(7才)君。

年少者が神幸祭、年長者が還幸祭で、素戔嗚尊の御霊をお乗せした中御座神輿を先導します。

 

ところで。お稚児さんのお化粧って独特ですよね。

白塗りで、でも紅のぼかしがほんのりあって・・・

 

芸妓・歌舞伎役者も白塗りですが、彼らは動物性油脂を用いる油化粧。

稚児は清浄であるので、植物油脂を用いた水化粧。

顔は、鼻筋を立てず平板にすること。アイラインなどもっての他。

白塗りははじめは薄く、社参で眉を描きなおし、本番に合わせて塗りを重ねていくそうな。

このお化粧、

顔師(化粧方)がするのですが、

稚児化粧を習得するには、手足3年襟首3年、顔で4年上塗り10年・・・

現在では奥山恵介氏はじめ3人しかいないのも、この修行の難しさを思えば〜〜

 

しかし・・・祇園祭恒例の着物・裂地バーゲン、年々商品の質が落ちていってる・・・

祇園祭は、元々糸偏産業の財力によって作り上げられたお祭りやのに、

その斜陽ぶりが、見事にバーゲンに現れていて、

お祭り自体は年々観光客が増えてるんやけど、なんだか切ない。

 

追伸ータレントの西村和彦のテレビ撮影に遭遇。思ったより小さい人やった。

   ちなみに、彼の実家は伏見稲荷中腹にある西村茶屋。よくテレビに登場してま〜〜す

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM