近江八幡・北之庄

  • 2018.06.11 Monday
  • 21:09

 

今回UPした鍾活写真。3月の近江八幡左義長祭り見学のついで、

時間が余ったので、市内北之庄地区を探索した時のもの。

でもね、なぜ3か月も経て今頃UPしているのん?

それは・・・今後に関わるブログ上の重要な展開のために・・・

というのは全くなく、例によって、ただ忘れていただけ・笑

 

 

 

 

彼、須佐之男命のような風態。 

   →須佐之男命の顔だちなんて知らんけど、でも、なんとなくそう思う。

    ま、みんな知らんので、思ったもの勝ち・笑

 

             瓦ミュージアム内のトイレにて

 

このタイプ。私は勝手に近江のびっくりぽん君と呼んでるのやけど、

北之庄地区に、これだけ仲間がいましたよ〜〜

 

 

 

 

 

       北之庄の氏神様の狛犬。尻尾が豪華。

 

 

 

 

 

京都以外の関西鍾馗さんは、お寺鍾馗。

つまり鍾馗さんは、お墓・鬼瓦に対する魔除けとして、お寺に向かって上げられています。

なので鍾活のコツは、お寺内から四方を見回すことが原則。

もちろん例外はあるけれど、近江ではほぼお寺鍾馗。

というわけで、

某寺の庭から鍾馗さんを撮っていたら、住職の奥様とお話することとなって・・・

奥様は、「お寺は人を護るのに、鍾馗さんをあげるのは悲しいわぁ〜」と

お寺を魔除けの対象とする鍾馗さんに、不快な心情を吐露されました。 

お寺側としては、自分のお寺に魔除けが向けられていたら、それは心辛いことでしょう。

私は、いつも鍾馗さん側の人としかお話をしたことがなかったので、

何と言って良いのかわからず・・・

 

過去には、檀家制度により村で最も権力があったのはお寺。

村民はお寺に対して負への思いがあり、

明治の廃仏毀釈では、それがお寺への破壊が激烈であった一因でもあるとか。

あるいは・・・

村民の無言の抗議として、鍾馗さんがお寺に向けられたことがあったのかも〜〜

 

もの言わぬ鍾馗さんだけれど、でもその佇まいがいろいろ語ってくれているようです。

 

 

             瓦ミュージアムにて

 

 

別館では、飾り瓦を製作していて、

ちょうど、出来上がったばかりの鍾馗さんと遭遇。

 

 

 ⇧⇩ の鍾馗さんを作った方にお話を伺うことができ、ラッキー。

その方は瓦屋さんでも陶芸家でもなく、独学で飾り瓦を作っていらっしゃるそうで、

なので、独創的なのですねえ〜〜

 

 

          おまけ・私のお気に入り

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM