橿原周辺の福瓦

  • 2018.08.11 Saturday
  • 08:53

 

奈良県橿原市は大和三山に囲まれた地で、つまり歴史が古く、瓦もいかにも古く、

だから、福瓦の意匠も個性的で面白くて〜〜

福瓦、というのは私が勝手に呼んでしまっている七福神瓦のことやけど。

でも、諸々の理由で福瓦も消えつつあって、

だから、私が彼らが居たことを見届けんとあかん・・・

などという、余計なお節介で撮り始めて、ますますのめり込んでしまってる。

なんでそんなにハマったか、というと・・・

七福神は鍾馗さんと異なり資料がいっぱいで、ある程度の型が決まっている。

でもね、型が決まっているのに、決まっているからこそ、

その範疇内で各々の瓦の個性が際立っているんですよね〜〜

 

 

 

大黒さんの標準型は、頭巾をかぶり打ち出の小槌を持ち福袋を担ぎ、

俵に立っているもの(座るバージョンもあり)

頭巾や衣装のデザイン・模様もさまざま。

それで。

頭巾やけど、なんかだんだん張り出してくるんですよ〜〜行者の頭襟のように。

 

 

 

 

恵比寿様・・・関西ではエベッさんやけど。

第一条件は、鯛を持っていること。また魚籠があるも多いですね

      →→魚籠携帯型が多いのは大阪で、奈良は少ないけど)

それでね、鯛の持ち方が上向き・下向き・中央などバラバラ。

 

      エベッさんは恵比須顔なので、楽しそうなのが良い!

 

 

 

見慣れた大黒パターンから逸脱していて、なんでかな?と思ったら、瞳と宝袋がでかすぎ!

 

いかにも古くて素朴ですねえ・・・こんな古瓦の家が現存していることが大和なんです〜〜

 

 

       胡座座りしていて、なんだか昔話に登場するお爺さんみたい。

 

 

                   顔!!

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM