重陽節

  • 2018.09.09 Sunday
  • 10:48

                                           枚方菊祭り

 

この写真は去年の10月、枚方市政70周年記念菊祭りの時のもの。

そして今年2018年、9月9日は菊の節句。(新暦では10月17日)

 

菊・・・なんてまだまだ先や〜〜という、地震・台風という厳しい気象が続いているけれど、

それでも、酷暑はなんとか鎮まり、やっと秋風も吹いてきたような気もします。

 

 

菊の節句、中国では重陽節、もしくは重九節、茱臾節とも称します。

 

陰陽道では奇数が陽、偶数が陰とし、

万物は、陰陽が均等状態=中庸を最良とする思想。

そして。

9月9日は陽が重なる重陽。つまり陽✖陽=陰となる悪月悪日。

なので古来より中国人は、茱臾の枝を頭に刺し、菊酒の飲み、

邪気を払ったのです。

 

中国での食菊の習慣は、BC3〜4世紀には確立しており、

菊は茱臾と共に、消熱や消毒の効果があることを知っていたわけですね。

茱臾は、日本ではグミのことだけれど、

中国では、蘇州=呉地方で採れる呉茱臾(かわはじかみ)のこと。

ちなみに、<呉茱臾湯>は、女性の血の道症に対する代表的な漢方薬で〜〜す

 

               重陽糕

 

重陽節には登高辞青をして、重陽糕を食べます。

 

登高は、山(というより高原かな〜)へのハイキング。

春の登高を踏青、対して秋は辞青とも称します。

山は神仙が住む神聖な地。山へ行くだけで、世俗の汚れが祓われるのですね。

 

ところで。古来の禊ぎ・祓いは河川に浸かるのが始まりで、

古事記では、黄泉からイザナミに追われたイザナギの件が有名ですね〜

河川での祓いは過去の穢れ、登高は、未来への吉祥を祈願する意味もあるそうです。

 

そして。登高でお腹がすけば、重陽糕を食べま〜〜す。

糕 は、蒸した餅米の中国式ケーキ。

登高は、歩歩高昇=日々高みに昇る=向上する、出世するの意味もあり、

なので、糕=高=gaoをかけてもいるのです。

 

また、重陽糕に必須な具材は、棗(なつめ)と栗(漢語は栗子)

それは早立子=早く子供に恵まれる意味で、棗=早=cao, 栗=立=li   

 

          大阪・少彦名神社にて

 

九=久=jiu。 

なので、歩歩高昇・寿高九九・・・と、重陽節は長寿を願う日でもあり、

中国では、敬老の日にもなっています。

 

私は延命長寿の御朱印をいただいたので、死ぬまで長生き! できるわけ。

                  →→憎まれオバハン、世にはばかる・笑

 

                   菊人形

 

中央の幽霊のような人物は、井伊直虎。大河<女城主直虎>がテーマ。

 

枚方・・・といえば、岡田准一が名誉園長を務める枚方パークの菊人形。

しかし。菊人形師がただ一人になり、諸事情のために廃止になりました・・・><+

でもそれではあまりにも惜しいと、菊人形同好会の有志たちが、保存活動をしています。

 

 

枚方菊人形のテーマは、その時の大河ドラマ。

幼少の頃から見てるけど、人形に菊を飾りつける技は凄いけれど、

人形の顔が、主人公に全然似てへん・・・というのが名物?やった・・・

 

 

 

 

 

 

            九月九日憶山東兄弟  王維

 

          独在庫異境為異客 毎逢佳節倍思親

 

        遥知兄弟登高処  遍挿茱臾少一人

 

 

王維は唐代の詩人。李白が詩仙なら、王維は詩仏と例えられ、書画音曲にも優れた人物。

上記の詩は彼が17歳のおり、科挙に臨む為に一人長安に住んだときのもの。

重陽節に父母を思いつつ、故郷の山東では登高している兄弟たちなのに、

そこに自分だけがいないことを憂いたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM