奈良公園-3

  • 2018.09.07 Friday
  • 10:11

台風一過、今度は北海道に大地震が来ました。

 

皆様のお住まいの地域は大丈夫でしょうか〜

我が家は幸いにも被害はなかったのですが、関空の浸水には驚き・・・

これらの災害の原因が地球温暖化ゆえに、

今後は想定外の災害が頻発することは必至でしょうし、

私はそこそこ生きているので、まあ良しですが、子供達には厳しい環境となるでしょう。

ただ、自然に身を委ねて、淡々と生きていくばかりです・・・

 

ということで、奈良公園鍾馗の最終回。

 

                斑鳩系-a

 

このタイプを初めて見つけたのは奈良町で。

技法はちょっと拙いけれど(鍾馗さんはそれが魅力でもあるのやけど)造形は芸術的で、

何らかの仏像を模していることが伺えます。

これらのタイプは、のちには県内で多見することになりました。

 

               入江泰吉旧家

 

東大寺の戒壇院の前にある自宅。今は一般公開されています。

大和の御仏と大和そのものを撮り続けた写真家なので、鍾馗さんの存在もご存知だったろうと思います。

戦後でフィルムは貴重、とても鍾馗さんを撮る余裕はなかったやろうけれど、

それでも、

入江氏が鍾馗さんを撮っていたなら、どんな風やったのかなぁといつも思っていて〜〜

 

            斑鳩系-b

 

 

             斑鳩系-c

 

 

こちらは技術も造形も優秀で、仏師が製作した感さえあります。

あまりの出来栄えの良さに

他の町(大阪?笑)なら気後れしてしまいそうやけれど、奈良町には相応しいですね。

 

 

              初見たち

 

可愛い!! この鍾ちゃん、水上そう(漢字変換できへん)君に似てる?

水上君って、頭脳王&東大王。 今、私の最旬なオトコでございます・笑

 

 

 

 

                   二月堂

 

関西では<お水取り>をするお寺さんとして有名。

東大寺には死ぬほど(笑)来寺してるけれど、二月堂は今回で2度目。

なぜなら初来寺した時、階段を相当上って懲りたから。

でも、彼に会うために敢えて行ったよ〜〜ん

 

    どっしりした安定感が東大寺二月堂に相応しい。善哉!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM