屋根神さま

  • 2016.11.27 Sunday
  • 05:53

 

心友と飛騨高山への二人旅。

道中の名古屋で(時間がわずかなので、那古野辺りの)

屋根神さま(ともちろん鍾馗さんを少しだけ)を見ました。

 

 

屋根神(軒神とも)は、民家の屋根上に神様の祠を置いた愛知・岐阜地方の習俗。

疾病除けの津島神社、火除けの秋葉神社、

そして名古屋なので熱田神宮の三社をお祀りするようです。

 

 

起源は幕末前後らしい。

庶民は、お社のする土地の入手が困難で、軒上に祠をお祭りするようになったとか。

 

     名古屋といえば信長・金の鯱鉾・・・とエビふらゃあ

 

そして鍾馗さん。

 

彼は大須観音前にいたやけれど、なぜかお寺と反対方向を向いていた。

 

屋根上に2体上がっていた。

でも雨が激しく、これだけ撮るのが精一杯・・・

 

 

鍾馗さんが少ないのは、屋根神様がお守りしているからなのかな、と思いました。

でも。

なぜ、名古屋・岐阜地方のみに広まった風習なのかしらん・・・?

関西には瓦鍾馗さんがいるし、

東北には、鳥居上に瓦鬼人形を据え付ける鬼っ子があるし、

きっと、その地方独特の伝統習俗が様々あるのでしょうね。

これからはそういうものを探しに、日本全国いえ世界各国を訪れたいです。

いや訪れるぞ!(つもり・笑)

 

 

 

コメント
屋根神さまを祀る風習は知りませんでした。
新潟の方には藁の鍾馗さんを祀る風習があるようですが、まだ見たことがありません。
地方によっていろいろですね。

写真のショールを巻いたような鍾馗さんも珍しいですね!
  • 雪だるま
  • 2016/11/27 10:50 PM
雪だるまさんへ
えっつつつつつつ!?新潟では藁の鍾馗さんをお祀りするのですか〜〜
ステキ!
多分、道祖神みたいな感じなのでしょうね。
それに藁というのは、雪国なので瓦の代わりに、
米どころだから自然に藁を用いるようになったのでしょうか。
新潟らしくて、ほんまに良いなあ〜〜
藁鍾馗さん、見たいな
これは是非新潟まで遠征しなくては!

鍾馗さんに出会えて、地方の様々な文化を知る機会が増えて、
ますます嬉しい日々です。


  • かめりん
  • 2016/11/28 8:10 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM