帰国しちゃった

  • 2018.11.01 Thursday
  • 20:57

 

帝王蟹・・・と呼ばれるアラスカ産の大蟹、丸ごと食っちゃいましたよ!

 

毎日、こんな美味いもん食べては寝、寝ては食べ、バチが当たって腹下したけど、

腹下す価値あるほど、美味いもん食べまくった今回の上海。

やっぱり中国は、季節も食べ物も10月がええですねえ〜

 

今回総じての感想としては・・・中国ではスマホなしでは生活できない、ということ。

老弱男女、みんながスマホを操り、あんなにおしゃべりな中国人が、

スマホ見まくってあまりに静かで、なんだか寂しい。

飲食店の注文もスマホ。・・・私は持参していないので、

店員のスマホを借りて注文する羽目に・・・

ただ、上海はが外国人も多いので、現金も受け付けるけれど〜〜。

でもね、こんなに一気にスマホが拡散するのも、元来は固定電話が不便なため。

スマホのみならず、現在の中国のすべてが段階を踏まずに進み、

そこに危うさと脆さを感じるのやけど・・・

 

そして最大に驚いたのは、中年女性とぶつかったら「対不起」=ごめんなさい

という言葉が発せられたこと。

若者は、教育の効果により比較的マナーが良好になってるけど、

中高年はまだまだ文革の影響が強く、マナー方面力は無かったけど、

今回の「すいません」の言葉には驚くとともに、「金持ち喧嘩せず」を実感。

衣食住足りてこそ、心の余裕が生まれるのですねえ〜

また。

上海在住でも、地方生まれの若者たちが話すのは、当然普通語(共通語)

でも、生粋の上海っ子でさえ、若者は上海語を話さずに普通語。

普通語の普及のために、学校内では上海語禁止だから。

まるで、沖縄の琉球語禁止政策みたい・・・

その成果があって、今や上海語を語るのは中高年のみ。

上海市の人口は5000万人。

言語学によると、人口が5000万以下になると、その言語は消滅するそうな。

それを実感する現在の上海。

ま、私は上海語が全くわからんので、普通語が普及するのは大OKやけど、

言語は文化。上海らしさが消えていくのは、やはり寂しい。

それにも増してスマホの普及はすべて格一的になるような。

そういえば。

中国伝統茶館は、スタバになっていくし・・・スタバは要らんぞ・・・

 

でも。江南地方へ旅して、その豊かさを体感でき、

肥沃な江南の大地が、上海を支えているのだ、と実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM