大禹陵

  • 2018.11.17 Saturday
  • 21:39

                  大禹陵

 

伝説上、中国史上発の王朝とされる(BC2070?~1670)の創始者<禹・う>の御陵。

後ろの山=会稽山全体が御陵であり、紹興郊外にあります。

 

                  禹祠堂

 

中国神話では盤古が天地開闢するのですが、

BC7000年頃、黄河流域には粟・麦の、長江には稲作文明が発生。

BC4~5000年には、中華文明の創始者とされる三皇五帝が登場。

三皇=人頭蛇身の伏儀・女禍が人類を誕生させ、神農が医・農業を起こし、

そしてBC3000年頃、華夏(中国の古称)に、

漢族の祖とされる、五王=炎・黄・僥・舜・禹らの部族王が登場。

 

禹の父は黄帝の孫とされ、 

僥王より、氾濫を繰り返す黄河の治水を命じられるも失敗。

後を継いだ禹は、13年の歳月をかけて成功。なので大禹と称されることに。

 

                   大禹像

 

大禹は中原一帯を9ケの州に分け(現在の揚州・徐州など)

夏の配下の証として、それぞれ鼎の鋳造を命じることで部族を束ね、

九鼎は王権と国家統一の象徴となるのです。

また彼は、軍隊を強固にし、法律を整備し、

更には夏暦(農暦)も制定。つまり以降の中華帝国の基礎を築いたわけですね〜

そして。

大禹はその強大な権力を息子の啓に譲り、啓は天子を名乗り、正式に夏王朝が樹立するのです。

しかし。それまで王位は禅譲制

僥は舜に、舜は禹に王位を譲るという、徳のある者が王位を継いでいたのが、

夏以降は世襲制となり、中国封建制度の礎ともなります。

しかし。

夏は14代400年続くも滅亡し、いよいよ殷王朝の登場となります。

 

さて。

春秋時代、禹の末裔である越の都が会稽(現・紹興)に置かれると、

始皇帝は会稽に禹を祀り、960年には宋の太宗が、禹の祭祀を国家行事として定め、

以降は清の乾隆帝まで、皇帝の重要な祭祀となります。

→この祭祀を10年前に復活し、紹興市が主宰する南鎮祭禹として盛大に執行しているそうな〜〜

 

 

ところで。

夏(BC2070~1600)も殷(BC1600~1050)も、司馬遷<史記>に記載はあるものの、

両方とも伝説とされていましたが、殷墟の発掘や甲骨文字上に殷の記載があることにより、

殷は実在が確証されました。

夏は、2002年二頭里遺跡(河南省)で大型の宮殿遺跡が発見され、

発掘物には、精巧な玉器・漆器・陶器、なにより青銅器が多々あり、

ほぼ夏王朝とされるも、甲骨文字のような記録がなく、断定はできない状況なのです。

 

しかし。中国の歴史長すぎ!  覚えるのが大変やん・・・

 

 

 

孫悟空の如意棒は、定海神針という名称で、禹が黄河の治水の折に使用したもの。

禹の象形文字は、蛇→龍を表現しており、黄河治水は、龍が禹に助力したそうな。

それには龍門開鑿の伝説が〜〜

 

龍関山を穿つとそこには人頭蛇身の伏義・女禍が。禹が両神を敬いつつ助けを求めると、

定海神針を授けられ、それにより天地の測量ができ、治水を果たしたのです。

両神は、人類を作った神。

当初は、真面目に黄土をこねて人間を作るも、その重労働に嫌になり手抜きしすることに。

泥のついた紐を黄河に垂らし、引き上げた時の泥雫で造人するようになったとか。

なので真面目に造人したのは金持ちに、手抜きしたのは貧乏人になったとか・・・

   →→ 私はやっぱり手抜きされたんやなあ〜・笑

でもね、神様でも手抜きするこの神話が、中国人らしくて大好き。

 

さて。

人頭蛇身とは龍の表現しており、龍とは雨神・水神の象徴。          

道教では禹は水言大帝とされ、禹はつまりは黄河の水神であり、

黄河の神格化でもあり、そして禹は龍の末裔。

なので、禹は漢族の祖でもあるので、中国人は龍の末裔・・・だそうな。

 

 

 

今回の同行者。彼らは会稽山に登ったけれど、私はヘタレなので当然登らず、

麓でアイスを食べながら、ぼっ〜〜〜としておりました。

  →ぼっつつつと生きてんじゃね〜〜よ ⇦チコちゃん

                    今、NHKチコちゃんにハマり中。

                    

 

大禹陵売店のお姉さん。実は地元テレビにも登場した有名人。

明るく朗らかな女性で、彼女の作った麺、美味かった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM