秋の鍾活はじめー伊丹

  • 2017.08.31 Thursday
  • 22:18

 

もう9月。関東では集中豪雨や長雨で大変なことになってますが、関西は猛暑続き。

でも9月やから、いくらなんでも鍾活しないと、身体がなまってしまう〜〜

ということで、鍾活始めることに。でも!

7月から2ヶ月間、歩いていないので足慣らしとして、近場=伊丹を選択。

 

伊丹選択の理由は、鍾馗友さんのブログで空港の近くに👇👇の鍾馗さんがいることを知り、

ぜひとも会いたくて。で、結果的には写真を撮れたので会えたわけやけど〜〜

 

 

                岡田家(重文)

 

まず、伊丹市内で岡田家を見学。岡田家は日本最古の酒蔵がある商家。

ところで。

伊丹は阪神大震災で被害があった地。伊丹市は震災後の復興として、

岡田家を中心として、旧伊丹郷(=清酒処)を再現した街づくりをしました。

 

                 中央図書館

 

図書館も伊丹郷を意識して建設されたもので、街並みにぴったり。

なので、去年の図書館大賞を受賞しています。

本好きな私なので、もちろんこの図書館でちょっと立ち読み。

 

               岡田家・酒蔵

 

さて岡田家は1674年に建てられたもので、年代が確実な町家としては貴重であり、

その酒蔵も現存中最古のもの。なので重文。

震災で被害を受けたものの、修復後に伊丹市が所有。

重文なのに、なんと無料=タダ!で観覧できるのですよ。伊丹市太っ腹。

 

               酒造用かまど

 

伊丹は清酒発祥の地。戦国武将山中鹿之助の長男=山中新六幸元が、

それまでの濁り酒とは異なった双白澄酒(もろはくすみざけ)を造り、これが清酒の始まり。

(・・・と伊丹市は認定しているのやけれど・・・その辺の所は、諸所あるわけですね)

新六の八男が大阪で起業し、初代・鴻池善右衛門となります。

 

                酒絞り機

 

江戸期には、伊丹郷を主に摂津池田など12郷が酒処として栄え、

この地の清酒は丹醸と呼ばれるブランドとなり、ご膳酒として将軍家に献上していたほどです。

しかし明治期には、西宮を中心として灘五郷が繁栄していき、丹醸ブランドは衰退したのです。

 

それにしても、和建築の簡素で清々しいこと。

 

 

それでですね〜〜肝心の鍾馗さんが無い。

震災の被害にあった場所なので、それは当然でなのやけれど、瓦屋根自体が少ない。

これも震災後の経験上、再建した時に忌避したのかなあ〜と思ったりして・・・

 

なので、たった1件の飾り瓦のお家を見つけて、安堵したりして〜。

 

                鶴のオブジェもあった

 

            水車もありました。

 

しかし。久しぶりに歩いたので足痙攣するし、とんでもない方向間違いするし〜〜

ま、徐々に体を鍾活モードに慣らしていくしかないなぁ。

 

              今日の甘み

 

 

 

震災を耐えて残ったぞ〜〜という気迫が感じられる、この鍾馗さんの面がまえ。

よくぞ残ってくれました。ほんまにありがとう!

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM