櫛まつり-4

  • 2018.10.01 Monday
  • 03:40

                                             江戸後期・ 先笄

 

台風24号、皆様お住まいの地域の被害状況は、いかがでしたでしょうか。

私の所は通過地点がそれたのか、あっけないほどでしたが、

場所により被害が甚だしく、お見舞い申し上げます。

しかし。

地球温暖化の影響は、凄まじいものですねえ〜〜

でも、温暖化の原因を作ったのは我々人間なので、

その報いを受けざるを得ないのは、仕方ないことなのかも・・・

 

さて。櫛祭りの最終回。

先笄は、上方の町家若嫁に子供が生まれるまでの髪型。

子供が生まれると両輪になります。

 

                   

                娘島田

 

若い未婚女性の髪で、上方では少女や遊女も結っていました。

 

右より、娘島田・鴛鴦、お染・稚児髷・・・

 

 

           手前=鴛鴦(おしどり・雌)

 

鴛鴦(おしどり)には、雄・雌の型があり、普通は雄を指します。

上方の町家娘=15~16歳まで結うものでした。

 

現在は、舞妓の髪型として、節分のお化け(舞妓の髪型は季節ごとに厳然と決められているが、

節分にのみ、自由結える)に結われることが、多いようです。

 

 

                    お染

 

少女の髪型。現代は舞妓が節分に結います。

 

 

                    お俊

 

町家の娘の髪型。お俊も舞妓の節分髪。

 

 

                   稚児髷

 

江戸時代より結われている髪型で、

6~12歳までの内親王や武家娘が結い、お小姓とも呼ばれました。

 

現在は、十三参りや祭事のお稚児さんに結われます。

当初は、笄も簪も挿さず、飾り物の使用は、大正期以降のことだそう。

 

復習。前列・左より=巻き髪、唐輪髷、元禄島田、元禄笄髷

   後列・左より、先笄、娘島田、おしどり、お染

 

前列、左より=元禄・勝山、玉川島田、お梶、

           後列=お俊、 稚児髷、 割り鹿の子

        

               割り鹿の子

 

赤い鹿の子は娘に、青い鹿の子は比較的年長者が用い、

商家の女将、旅籠のお内儀、仲居さんなどに好まれました、

 

 

                布(きれ)天神

 

切れ天神や毛天神とも。布の色合いで若さ粋さを強調・・・ということで、

芸者以外の玄人女性=鳥追いや水茶屋女中に好まれました。

 

 

                   丸髷

 

昭和まで結われた既婚女性の髪型。髷が大きいのは若嫁。

髷が小さくなるほど年齢が上がっていきます。

今、テレビ時代劇に登場する、最も多い髪型でもありますね。

 

 

                明治時代・花嫁

 

明治まで、祝色が黒色。 

なので、正式な場には黒紋付・黒留袖を着たのですね。

では白色は? それは聖色。神に近い色なので神職は白装束。

でも、死もあの世=神界に帰るとされ、喪服もだから白色。

白無垢はつまり喪服で、白帯を締めました。武士が切腹するときも白裃ですよね〜〜

花嫁衣装の白無垢・白打掛は、婚家に骨をうずめる覚悟を示したもので、

でも喪ではないので、帯は黒帯を締めたのでした。

ただ、打掛まで揃えることのできるのは大家・名家で、

庶民は、上記の黒振袖でした。

それにしても。黒振袖の美しいこと!

 

 

                 投げ島田

 

京都の芸妓が結うもので、現在でもおどりのお茶席では投げ島田を結うそうです。

 

 

 

                   桃割れ

 

               大正時代・花嫁お色直し

 

今、これだけの衣装の着付けができる時代風俗衣装師や、

髪を結べる結髪師の後継者が減少し、

櫛まつりや時代祭の存続が、危ぶまれている状況です。

 

世界各国の民族衣装は、それぞれステキやけれど、

私は、着物こそ日本が世界に誇れる民族衣装!だと思います。

でも〜〜

時代衣装云々どころか、京都で着物姿で歩いているのは外国人ばかり。

日本人自身が、私も含めて着物を着ない・・・

着物って窮屈で、動きにくいし、着付けが難しいもん・・・

→本来の着物はゆったり着付けていたのが、今のように窮屈になったのは昭和30年代頃から。

 それは着物業界と着付け教室の陰謀? との説もあったりして・・・

でもね、

着物をあまり着ない私が言うのも、ほんまにおこがましいけれど、

それでも、我ら大和撫子→ま、私は大和婆さんやけど・笑

一人一人がもっと着物を着るようになれば。

せめて新年は、着物で迎えましょう〜〜→私自身に言い聞かせておりますデス・笑

 

追伸。10月になり読書の秋・・・のイメージテンプレに変えてみました。

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM