年画はすごい-麒麟送子

  • 2019.08.22 Thursday
  • 19:23

 

麒麟送子・・・中国年画を代表する題材。

元々、麒麟送子と呼ぶ風習があり、

それは、徳のある家には瑞獣(めでたい動物)である麒麟が降臨するとされ、

それにあやかりたいと、子供がその家に詣でること。

後には、早く麒麟児に恵まれるように、年画として新婚夫婦の家に貼られたもの。

 

 

 

 

麒麟児とは、聡明な子供のこと。

天界に住む麒麟は平和繁栄の時、神童を乗せて人間界に出現。

かの孔子誕生の折にも姿を現したのです。

なので母は、麒麟が神童のような我が子を天界より自分の元に送り届けてくれるよう、祈ったのです。

 

 

                上海・豫園の麒麟

 

 

伝説の四霊獣<麟・鳳(鳳凰)・亀(霊亀)・龍(応龍)> の麟が麒麟のこと。

麒がオスで麟がメス。(写真では、口中に玉がある右手が麒)

その体は、頭は獅子or狼、角は鹿、目は虎、胴は鹿、尾は牛、蹄は馬に似ており、鯉の鱗を持つ。

また毛皮を持つ動物=獣360種の長。性格は温厚にして寿命は2000年あり。

 

 

 

 

 

風水の四神は、現在では東を守る青龍、西=白虎、南=鳳凰、北=玄武。ですが、

古代は、白虎の代わりに麒麟が加わることもあったのです。

麒麟は白虎の凶性を消し、中でも三殺(病・災害・殺傷)に優れ、

なので、鎮宅・魔除け効果が大。

 

 

 

ところで、首の長い現実のキリン。英語名はgiraff。

中国人が初めてキリンに遭遇したのは1415年。

明の永楽帝の命により、アフリカ航海した鄭和が持ち帰ったもの。

日本では1907年、上野動物園が初登場だとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母はもとより一族の願いは、

麒麟が状元に受かるような賢い子供を一族に届けてくれるよう願うけれど、

大方生まれてくるのは、麒麟児の反対である豚児。ああ〜・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM